低価格のシミ取り治療を維持するために☺️

南青山TOKUNAKAクリニックではQスイッチルビーレーザーを用いたシミ取りを低価格で提供しております。現在100ショットまで1万円(税別)、その他に必要な費用は麻酔をされる場合、別途二千円(税別)となっています。それ以外の初診料などをいただいておりません。ただしこれらの金額は1回の施術に対し毎回必要となります。当日に100ショットを使用しなかった場合でも金額は変わりません。一般的な相場を見ると10ショットを超えるようであればお得な金額設定になっています。

低価格で一人でも多くの患者さんに提供をできればと考えたメニューです。現在ありがたいことに数多くの問い合わせをいただいております。

治療の流れ

①化粧をされていない状態で施術を受けたい箇所のシミの確認を行います。肝斑に照射することは基本的にはできません。ただしお試し1ショットの方は洗顔不要です。

②医師から基本的なシミの経過の流れを説明し同意書へのサインをしていただきます。

③麻酔が必要な方は麻酔薬を塗布し、院内で20分~30分程度お過ごしいただきレーザー照射を行います。麻酔が必要のない方はすぐにレーザー照射を行います。

④レーザー後はご自分で施術箇所を確認していただき、希望部位に施術がされているかを確認します。確認後、施術箇所にステロイドを塗布し施術終了です。当日の施術箇所への化粧は避けていただきます。

⑤翌日以降は、施術箇所の水疱などがなければ基本的には軟膏塗布などは行なっておりません。(炎症が強くでた場合には、10日前後のステロイド軟膏の塗布を推奨しております。)お化粧などで適切にUVケアや痂皮を隠していただきます。7日〜10日程度の間、施術した箇所が痂皮(かさぶた)となります。かさぶたが取れた後はシミの厚みに応じて1度の施術でシミが取れる場合と、うっすらシミが残存する場合がでてきます。シミが残存していても内部で破壊されたメラニンが吸収する過程があるため徐々に薄くなります。

⑥炎症性色素沈着を防ぐためにしっかりとUVケアが必要です。3ヶ月〜6ヶ月程度しっかりとしたUVケアが必要です。施術後3ヶ月が経過してもシミが残存している場合は再度照射することをお勧めします。再度の治療は別途料金がかかります。3ヶ月以内での再照射を希望される場合、同じ部位は行いません。

これから治療を検討される方へのお願いです。

①可能な限り、ネット予約を使用してください。ネット予約はこちら

②施術を行いたい当日に予約をしてください。当日施術以外の場合初診料3000円(税別)を頂戴します。

③お帰りにの際はお化粧はできません。狭い院内が込み合うこともありますので可能な限りお化粧をしないで来院していただけますと助かります。

④炎症性色素沈着に対するUVケア。Qスイッチルビーレーザーでのシミ取り治療は7日〜10日程度痂皮の形成を伴うことが最大のデメリットです。しかし、メラニンに対する選択性は他のレーザーに比べ非常に高く、シミに対する切れ味が良いとされています。また強力なメラニンの破壊作用から皮膚へのダメージもそれなりにあり、術後に炎症性色素沈着を起こす可能性があります。炎症性色素沈着はまずは起こさないことが肝心です。しっかりとしたUVケアを続けてください。

⑤炎症性色素沈着が起こった場合。希望により内服や軟膏での加療を行いますが全て自費の診療となります。基本的はに何もしなくても1年程度の経過で元に戻ると言われています。

以上、南青山TOKUNAKAクリニックより、低価格のシミとり治療を維持するために患者様へのお願いでした。まだまだ残暑が続きますが朝晩は少しひんやりしてきました。風邪などひかないよう健やかにお過ごしください。